あらゆる形状のプラスティック部材をオーダーメイドで製造

ポリプロピレン(PP)とは?~その特徴と製法

ポリプロピレン(PP)とは?

ポリプロピレン(Polypropylene/略称:PP)は、石油のクラッキング副生物として生産される「プロピレン」を重合させた熱可塑性樹脂です。

ポリプロピレン(PP)の特徴

ポリプロピレン(PP)の特徴は、汎用樹脂の中で最も軽く、水に浮かぶのに吸湿性がなく、強度と耐熱性が強いのが特徴です。

熱可塑性に優れており、様々な形への成形が用意で、リサイクルも可能です。食品衛生法にも適しており、食品のパッケージや容器にも広く使われます。

生体適合性も高く、体内に埋め込む医療部品としても採用されています。

ポリプロピレン(PP)の種類と製法

ポリプロピレン(PP)は、「ホモポリプロピレン(以下ホモPP)」「ブロックポリプロピレン(以下ブロックPP)」「ランダムポリプロピレン(以下ランダムPP)」の3種類に大きく分類されます。

これら3種類のうち基本となるのがホモPPです。ホモPPは、石油のクラッキング副生物として生産される「プロピレン」を主原料として、まず「ホモPP」が作られます。

このホモPPをエチレンを追加して多段重合するとブロックポリプロピレン、触媒を追加してランダムポリプロピレンが製造されます。

ポリプロピレン(PP)の用途

包装材料、繊維、文具、プラスティック部品、食糧品のパッケージや容器に加え、意外なところでは「紙幣」などにも使われています。

印刷加工に「PP加工」という光沢を出す印刷法がありますが、これはまさに紙印刷の上にポリプロピレンフィルムを重ねることで実現されている印刷加工法です。

逆に光には弱いためファッションや外装などの用途には向きません。

PP(ポリプロピレン)とPE(ポリエチレン)の違いとは?

PP(ポリプロピレン)はPE(ポリエチレン)と似ており、よく比較されることがあります。

主な相違点は、PPは透明性が高く、光沢が強いことが特徴である反面、PEは透明性が低く(白が一般的)、厚さも幅広いことが特徴です。

コンビニなどで毎日手にしているポリ袋は後者の(高密度)ポリエチレン袋の略称です。

PP(ポリプロピレン)の製造・加工・ご相談はHAMAXまで

私どもHAMAXは、PP(ポリプロピレン)の製造・加工でも多数の実績がございます。

是非本サイトよりお気軽にお問い合わせください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です