あらゆる形状のプラスティック部材をオーダーメイドで製造

PE(ポリエチレン)樹脂とは?~その特徴と製法

ポリエチレン(PE)とは?

ポリエチレン(略称:PE/米:polyethylene/英:polyethene)は、炭化水素の一種である「エチレン」が重合した構造を持つ高分子。最も単純な構造をもつ高分子であ、容器や包装用フィルムをはじめ、様々な用途に利用されています。

重合法によって平均分子量や分枝数、結晶性が違い、密度や熱特性、機械特性なども重合法によって変わります。

ポリエチレン(PE)の特徴

ポリエチレンは一般的に、酸やアルカリに対して安定していることが特徴です。

また、低分子量のものは炭化水素系の溶剤に膨潤しますが、高分子量のものは耐薬性に非常に優れる、という特徴を持っています。

その他、濡れ性は低く、絶縁性は高く、静電気を帯びやすい素材です。

ポリエチレン(PE)の種類と製法

ポリエチレンは、分子構造上は同じポリエチレンであっても、構造によって性質が大きく異なるため、「密度」と「製造方法」によって、大きく以下5つの種類に分類されます。

(1)高密度ポリエチレン
(2)低密度ポリエチレン
(3)超低密度ポリエチレン
(4)直鎖状低密度ポリエチレン
(5)超高分子量ポリエチレン

その他ポリエチレンを部分構造として持つコポリマーも多く開発されていおり、代表的なものとして、酢酸ビニルとの共重合体である「エチレン酢酸ビニルコポリマー」があります。

ポリエチレン(PE)の用途

ポリエチレン(PE)で代表的な身の回りの製品は、バケツや洗面器、容器などの雑貨類です。これらは、金型によるプラスチック加工の代表とも言える射出成形によって製造されます。

また水や灯油を入れるポリタンクもポリエチレンの代表的な製品です。これらはブロー成形という加工方法で作られます。

ブロー成形とは、金型で固定した後、空気を高圧力で吹き込み、金型に達するまで膨らませて形を固定し、冷却する製法です。

また私たちの生活になくてはならないポリ袋やサランラップなどもポリエチレンを使った代表的な製品です。

ポリエチレン(PE)の製造・加工・ご相談はHAMAXまで

私どもHAMAXは、ポリエチレン(PE)の製造・加工でも多数の実績がございます。

是非本サイトよりお気軽にお問い合わせください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です